コース&アクセス

  • HOME »
  • コース&アクセス

コースの特徴

1区と4区は中心市街地と甲州街道(国道20号)を中心としたほぼ平坦なコース。2区と3区はアップダウンがある特徴的なコースです。
各区間の距離も特徴も様々でランナーの個性に合わせた区間配置がポイントとなり、トップレベルのチームにとっても実戦的なコースとなっています。コース図はこちら

1区(全部門共通) 4.7km

JR八王子駅前をスタートし、駅前大通り、国道20号バイパス、国道20号といった広い公道を走るコースです。全体的にはほぼ平坦(高尾に向けて緩い上り)ですが、中継所手前の散田架道橋は、JRの線路を潜るために大きく下って大きく上る難所となっています。
チームに勢いをもたらす堅実な走りができるランナーのエントリーをお勧めします。

※中学生など、長距離に慣れていないチームは、区間配置に十分にご留意ください。
※このコースの一部(追分交差点~中継所)は、4区が逆走してくるコースです。参加資格タイムより著しく遅れた場合、4区ランナーと正面衝突の危険性があるため、該当チームは競技を中止する場合があります。

2区(1~3部) 6.2km

最長コースです。中継後しばらくは平坦(高尾に向けて緩い上り)ですが、東浅川交差点手前を左折後~京王狭間駅前までは、大会名物の急な上り坂です。それ以降も下り、平坦、上り、平坦、下りと続きます。
長距離やアップダウンに耐えられる走力のあるランナーのエントリーをお勧めします。

※コースの一部(散田町二丁目西交差点の先約180m)は、歩道内を走ります。狭い上に下りでスピードが出るため、無理な追い抜き等で接触しないように十分にご留意ください。
※散田小学校中継所(2区→3区)では、交通規制・競技運営上、午前9時55分に繰上げ出発を行います。

2区(4~8部) 2.3km

1~3部の2区の途中までのコースです。前半は平坦なコースですが、東浅川交差点手前を左折後~京王狭間駅中継所手前までは、大会名物の急な上り坂になっています。

※中継所手前で1~3部とコースが分かれます。現場で案内していますが、間違えないように十分にご留意ください。

3区(1~3部) 5.7km

中継直後から2区と同じコースとなり、アップダウンの多いコースです(2区説明参照)。距離は2区よりも若干短いですが、中継所手前の散田架道橋では、JRの線路を潜るために大きく下って大きく上るため、最後まで息の抜けないコースとなっています。
長距離やアップダウンに耐えられる走力のあるランナーのエントリーをお勧めします。

※コースの一部(散田町二丁目西交差点の先約180m)は、歩道内を走ります。狭い上に下りでスピードが出るため、無理な追い抜き等で接触しないように十分にご留意ください。
※散田架道橋中継所(3区→4区)では、交通規制・競技運営上、午前10時25分までに通過できないチームは競技を終了します。繰上げ出発もありません。

3区(4~8部) 3.7km

1~3部の3区の途中からのコースです。スタート直後から下り、平坦、上り、平坦、下りと続き、中継所手前の散田架道橋は、JRの線路を潜るために大きく下って大きく上るため、最後まで息の抜けないコースとなっています。
長距離やアップダウンに耐えられる走力のあるランナーのエントリーをお勧めします。

※コースの一部(散田町二丁目西交差点の先約180m)は、歩道内を走ります。狭い上に下りでスピードが出るため、無理な追い抜き等で接触しないように十分にご留意ください。
※散田架道橋中継所(3区→4区)では、交通規制・競技運営上、午前10時25分までに通過できないチームは競技を終了します。繰上げ出発もありません。

4区(全部門共通) 4.1km

中継直後からゴール直前まで、甲州街道(国道20号)を走り、1区同様にほぼ平坦(市街地に向けて緩い下り)なコースです。ゴールがある中心市街地では、多くの観客がランナーに声援を送っています。

※交通規制・競技運営上、午前10時50分で競技をすべて終了します。

コース図

コース図

コース図

アクセス

アクセスマップ

主催

八王子市

メインスポンサー

スーパーアルプス

協賛企業・団体等

協賛企業・団体等
PAGETOP
MENU